ワーク・わく・クラブ

ワーク・わく・クラブ


ワーク・わく・クラブは平成16年度(2004年) 5月、当時の角田校長からの依頼を受け、数人の保護者で立ち上げた土曜事業の応援チームです。
講座ごとに、募集をかけて行う、ワークショップの企画・実行をしています。
各分野の達人・大学生の企画による手作りのワークショップです。

皆様の参加お待ちしています。


29年度の予定です。皆さんの参加、お持ちしています。

平成29年度ワーク・わく・クラブ予定

1学期
5月 27日 日大企画
6月 10日 D&A企画
7月 1日 納涼企画ワーク
15日 共立大企画
8月 4-5日 夏休み特別企画
26日 納涼まつり発表・参加
8月 21-22日 リーダー学生合宿
2学期
9月 23日 巣箱調査(26年度最終)
10月 7-8日 防災探検隊
28日 学生企画
11月 25日 学生企画
12月 2日 一番町児童館お祭り
16日 学生企画
3学期
1月 27日 けん玉 児童館とコラボ
2月 3日 異世代の輪(児童館)
17日 バード巣箱作り
3月 3日 バードウォッチング
14日(水) バード巣箱架け
1か月前にお知らせを出し、1週間前に詳細をだします。
又、予定なので、変更することもあります。
けん玉道場は、第3土曜日午後、児童館で行っています。詳細は児童館にお聞きください。

ワークわくクラブは、保護者主宰のクラブです。保険には入りますが責任は保護者各自でおとりください。ご心配な方はお付き添いください。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

けん玉道 2017

2017/03/27


日  時:1月21日
場  所:一番町児童館
参加人数:小学生32人 大学生10人
指  導:花野井 潤 名人(全日本けん玉道3位・けん玉道五段)
     池田 友規さん (麹町小元PTA会長・けん玉道初段)

内容
近年、けん玉は世界的にも人気です。
ワークわくで年1回の開催を続けているけん玉道も、年々参加者が増えています。
毎年、名人に来ていただいて、けん玉の技を間近で見ることが出来ます。
先ずは、名人の技を観賞。今年初めて来ていただいた花野井名人の妙技にみんな釘づけでした。
続いて、各自練習開始。けん玉を初めてやる子も、毎年挑戦している子もいますが、それぞれのレベルに合わせて、丁寧にコツを指導してもらいました。
最後は検定。10回の試技で3回成功すると次の級へ進めます。
全員で、検定を受ける時のドキドキの緊張感がたまりません。
昨年より級が落ちてしまう子もいれば、一気に3級位上がる子もいます。現状維持も多いのですが、また、次回に向けて練習しましょう。
子ども達の検定が終わってから、いつもは子ども達のために企画を考えて、みんなを楽しませてくれている大学生のお兄さんの一人が、段の検定を受けて、見事二段に合格しました! 段の検定は名人と1対1で行われます。周りで見ていた子ども達も息をのんで検定を見守りました。

ワークから
名人の花野井さんは、小学校2年生からけん玉を始められたそうです。
そして、「それから毎日、欠かさずけん玉の練習を続けています」とおっしゃっていました。
けん玉名人になるのも、やっぱり練習の継続なのですね!

紙ひこうきグランプリ

2016/12/22


日  時:11月26日
場  所:麹町小学校内
参加人数:小学生43人 大学生23人
企  画:リーダー企画研修 優秀賞受賞チーム
企画協力:D&A Networks 中田弾 

内容
植物のアルソミトラの種は、薄い羽根があり飛ぶことができます。
このアルソミトラの模型を使い、重さの必要性や重心の位置、羽の形や角度など飛行機を飛ばすのに必要な知識を様々な実験を通して学んでいきました。
その後、いよいよオリジナルの紙ひこうきの作成に取りかかりました。
クリップを付けたりバランスを変えたり試行錯誤を繰り返しながら、紙ひこうきが、より遠く、より長く飛ぶように考えました。

ワークから
ただ紙飛行機を作って飛ばすだけの企画ではありませんでした。
いろんな実験をしている時の子ども達は、みんないきいきしていました。
初めは少ししか飛ばなかった紙ひこうきを工夫していく面白さも経験でき、内容の充実した企画となりました。これから、高学年も参加したくなる企画も実施していきたいと思います。

まちづくりサポート 中間発表会

2016/12/22


日  時:11月19日
場  所:まちみらい千代田会議室
参加人数:小学生6人 大学生3人
企  画:D&A Networks 中田弾 

内容
「私たちの麹町をもっと素敵に、もっと楽しくするアイディア」を、9月4日、番町の庭でコージーランドとして実現した成果を、千代田まち作りサポートの中間発表会で発表してきました。
今回参加してくれたのは6人の子ども達でしたが、みんな堂々と発表し、審査員の方の質問にもしっかり答えていました。

ワークから
コージーランドで製作したベンチは、麹町小学校の昇降口や一番町児童館の図書室などに置いてありますが、番町の庭にあった3人掛けのベンチを麹町小学校に持ってきました。可愛い飾りも付いています。ちょっと座ってみてください。子ども達のアイディアが活かされ、麹町にほっと一息つける場所が増えるようにこれからも活動を続けていきたいと思います。

城を守れ!麹町護衛隊

2016/12/22


日  時:11月19日
場  所:麹町小学校内
参加人数:小学生66人 大学生36人
企  画:リーダー企画研修 優秀賞受賞チーム(子デザ4年生チーム)
企画協力:D&A Networks 中田弾 

内容
「江戸城の別名は?」・・・など、まずは歴史クイズから始まり、子ども達の城への関心を高めました。続いて、班毎に自分たちのお城に名前を付け、家紋を作り、絵を描いてオリジナルの屋根の完成です。
いよいよ決戦です。まずは段ボール箱を積み上げ城を作り屋根を乗せます。
攻撃側は新聞紙のボールで対戦相手の城を崩し、守り側は盾を持って攻撃から城を防御します。1分間の戦いで城の屋根や箱を崩した分だけポイント(万石)を取っていくゲームでした。
子どもも大学生も一丸となって、ゲームに熱中する姿が印象的でした。

ワークから
日本大学のサークル“子どもと一緒にデザインしよう会”の4年生がコンペで勝ち取った卒業企画。
4年間、ワークわくクラブで子ども達と向き合い関わってくれた4年生が、子ども達を楽しませようと真剣に準備し、団結して企画を成功させようと奮闘している姿に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
4年生、ありがとう! とっても盛り上がった、楽しい企画になりました。

麹町地域ぼうさい探検隊2016

2016/12/22


日  時:10月28・29日
場  所:麹町小学校校内 及び 麹町小・番町小・九段小・富士見小・お茶の水小学校周辺通学路
参加人数:小学生105人 大学生89人
企  画:D&A Networks 中田弾 
協  力:麹町小学校、番町小学校、九段小学校、富士見小学校、お茶の水小学校、一番町児童館、
千代田区、麹町消防署、麹町地域消防団、日本損害保険協会、地域活動大学生

内容
今年で10年目を迎えた麹町地域ぼうさい探検隊。今年はお茶の水小学校のお友だちも初参加しました。
各小学校に集まって、まずは自分の通学路を歩いて、災害が起きた時に危険な場所や支援してくれる場所、消火栓や貯水槽などを探検して歩きました。
全員が麹町小学校に集合して、麹町消防署のレスキュー隊のデモンストレーションや麹町地域消防団の放水実演を見学、AEDや初期消火の体験、麹町小備蓄倉庫の見学などを行いました。
食事は非常食、寝るのは体育館で毛布2枚と避難所さながらの体験もしました。
夕食後には、低学年は一番町児童館の先生が考えてくださったゲーム大会、高学年は今年初の試みで
斉藤副校長先生による無線体験を行いました。どちらも大変盛り上がりました。
2日目は、まち探検を基にぼうさいマップを作成、気づいた事や地震が起きたら何を持って避難するかなどについて発表をしました。
2日間を通して、内容盛りだくさんの充実したぼうさい探検を体験することができました。

ワークから
慣れない体育館での就寝。子ども達は初めなかなか寝ることができなくて、連れだって何度もトイレに出てきます。そんな子ども達を寝不足になりながら大学生リーダーが親代わりとして面倒を見てくれます。ぼうさい探検隊に参加してくれる大学生、そして消防署や消防団、地域のたくさんの方々が一丸となって支えて下さっていることに、10年目を迎え改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、これからも「続けていく」ことを大切にしていきたいと思います。

キャッチ!スケッチ!ワンタッチ!

2016/12/22


日  時:10月15日
場  所:麹町小学校内
参加人数:小学生21人 大学生15人
企  画:リーダー企画研修 優秀賞受賞チーム
企画協力:D&A Networks 中田弾 

内容
非常口のマークに代表されるピクトグラムを新しく作ってみようという企画でした。
まず初めに、ピクトグラムのカルタ取りをしました。エスカレーター・リサイクル・蜂に注意!津波注意!ワークわくマークなどなど。カルタを通して、ピクトグラムがどんなものなのか、緑はリラックス、三角は注意喚起といった色や形にも意味があることも学びました。
それから、オリジナルのピクトグラム作りに取りかかりました。
1つのマークをじっくり考える子、5・6枚も作っていく子。いろんなピクトグラムが完成しました。
最後に自分の考えたピクトグラムをみんなの前で発表しました。

ワークから
ピクトグラムの色や形にもいろんな意味が込められていることがわかって、楽しい企画でした。
1964年の東京オリンピックの時に広まったピクトグラム。2020年に向けても改定が進められています。
ワークわくの一つのワークショップから、子ども達の興味が広がり深まっていくきっかけになってくれればいいなと願っています。

バードシリーズ第4回 巣箱チェック

2016/10/14


日  時:9月17日
場  所:憲政記念公園
参加人数:小学生29人(麹町小25人・お茶の水小4人) 大学生25人
講  師:公益財団法人 日本鳥類保護連盟 岡安栄作さん
企  画:日本大学子どもと一緒にデザインしよう会
企画協力:D&A Networks 中田弾 共立女子大学社会福祉サークル 法政大学生

内容
巣箱チェックは、子どもたちの学年が変わってからあります。
春3月にかけてあった巣箱が、どうなったか?とっても興味があります。
今年も見事にすべての巣箱に、2から3回ぐらい子育てした形跡がありました。
まず、木から巣箱を下し、全員で巣箱を開けますが・・・
まず出てくるのが、ゴキブリ、ヤモリ、ゲジゲジ・・・。子どもたちはキャーキャー言いながら、追っかけていました。その後は巣箱の中身のチェックです。ほとんど雀が巣を作っていました。どこからか、木の枝や針金?ひもなど。巣のベッドになるものなら、なんでもくわえてきたらしく、クッションになるものが、いろいろ見られました。

ワークから
4回のバードシリーズ、鳥好きが最近増えてきてワークわくは、20人を超えます。
もちろん、講師の岡安さんの魅力もあります。毎回、子どもたちを楽しませてくださり、感謝です。
最近、学生の寸劇のグレードが上がり、スタッフも楽しみにしています。今年は、なんとミュージカル仕立てで2回驚かせてくれました。
今回の岡安さんの特別巣箱は、≪透かし彫りの巣箱≫でした。なんと、お知合いに神社の宮大工がいらして、その方が作ったそうです。残念ながら、隙間だらけで巣箱にはなりませんが・・・見事なものでした。

コージーランド IN 番町の庭

2016/10/14


日  時:9月4日(日)13:30〜16:00
場  所:番町の庭
参加人数:お手伝いしてくれた小学生10人 大学生13人
企  画:千代田まちづくりサポート(まちサポ)エントリー企画イベント
企画協力:D&A Networks 中田弾、日本大学学生、けん玉コーナー 池田友規さん

内容
まだ9月の暑い中、まちサポにエントリーした“麹町のまちをもっと楽しく、美しくしたい”というコンセプトを実現するイベントを行いました。
共同企画で、番町の庭にはマルシェも開催されました。
昔の遊び広場では、牛乳パックの竹とんぼ・厚紙のコマ・アクリルの万華鏡や塩ビの水鉄砲を手作りしたり、けん玉の体験もできたりと楽しいコーナーになりました。
ものづくり広場では、ベンチ1脚と椅子4脚を作りました。
学生の指示のもとに、とんとんくぎを打ち、背もたれにはビニールチューブを飾りつけました。防水のニスも塗りました。
完成品は、番町の庭・麹町小学校・一番町児童館・千代田区観光協会・麹町区民館・4番町アマルフィカッフェに置かれています。
ぜひ、探してみてください!


ワークから
暑い中、子どもたちは慣れない手つきで、かなづちを打ち、釘を押し込んでいました。
危ないからと言ってやらせないのは、だめですよね!子どもは見事に大工仕事をしていました。
飾り付けも、かわいらしくでき子どもらしさが出ていました。

暑い中、お疲れさま!

麹町納涼こども会

2016/10/13


日  時:8月27日
場  所:麹町小学校ピロティー
参加人数:お店番してくれた小学生10人 大学生25人
企  画:麹町納涼こども会実行委員会
企画協力:D&A Networks 中田弾、
日本大学子どもと一緒にデザインしよう会、共立女子大学社会福祉サークル


内容
今年も、2つのゲームを出店しました。
1.アイスおばっけー
2.コロピンたおさんゲーム
あいにくの天候でしたが、私たちのブースはピロティーだったため、雨にぬれず、ゲームを続けることができました。かえって、雨を避けるお客様で満員状態、終了までに景品がなくなってしまい、店じまいしてしまいました。


ワークから
ゲームの企画を考えるところから携わった子ども達。
こども会当日は、遊びにも行かずずっと熱心に店番をしている子もいました。
自分で考えたゲーム、愛着がありますよね!

最後の抽選会では、学生が1つゲットしました。

番町の庭に、ミニトレインを走らせよう!

2016/10/13


日  時:7月31日(日)13時〜16時
場  所:番町の庭 広場
参加人数:幼児から小学生 延べ300人
企  画:にこにこ電車の高架下軌道
企画協力:日本大学学生、中高生汽車好きボランティア数名


内容
にこにこ電車の高架下軌道の方たちとコラボをしました。
有楽町線と丸の内線の電車が、こども達を乗せて広場を走りました。
副業にかき氷も販売しました。
あいにくの天候でしたが、雨の降り方も一瞬で、すぐ地面が乾くほどの晴れ、天候の割には楽しむことができました。
延べ300人近くの子どもたちが楽しんでくれました。


ワークから
初めての外部とのコラボをしました。
主催者は全員汽車好きおじさん、おにいさん。朝からレールを敷き詰め、電車がスムーズに動くように何度も微調整して、暑い中がんばっておられました。
中高生ボランティアも参加してくれて楽しんでいました。車掌さんのアナウンスも見事でした。
やはり、汽車○○なのだろうと感心して我々スタッフは見ていました。
今後も外部とのコラボを企画してみたいと思います。



menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

付き添いなどお手伝いしてくださるスタッフは随時募集しています。
問い合わせ ワークわくクラブ
- Topics Board -