ワーク・わく・クラブ

ワーク・わく・クラブ


ワーク・わく・クラブは平成16年度(2004年) 5月、当時の角田校長からの依頼を受け、数人の保護者で立ち上げた土曜事業の応援チームです。
講座ごとに、募集をかけて行う、ワークショップの企画・実行をしています。
各分野の達人・大学生の企画による手作りのワークショップです。

皆様の参加お待ちしています。


29年度の予定です。皆さんの参加、お持ちしています。

平成29年度ワーク・わく・クラブ予定

1学期
5月 27日 日大企画
6月 10日 D&A企画
7月 1日 納涼企画ワーク
15日 共立大企画
8月 4-5日 夏休み特別企画
26日 納涼まつり発表・参加
8月 21-22日 リーダー学生合宿
2学期
9月 23日 巣箱調査(26年度最終)
10月 7-8日 防災探検隊
28日 学生企画
11月 25日 学生企画
12月 2日 一番町児童館お祭り
16日 学生企画
3学期
1月 27日 けん玉 児童館とコラボ
2月 3日 異世代の輪(児童館)
17日 バード巣箱作り
3月 3日 バードウォッチング
14日(水) バード巣箱架け
1か月前にお知らせを出し、1週間前に詳細をだします。
又、予定なので、変更することもあります。
けん玉道場は、第3土曜日午後、児童館で行っています。詳細は児童館にお聞きください。

ワークわくクラブは、保護者主宰のクラブです。保険には入りますが責任は保護者各自でおとりください。ご心配な方はお付き添いください。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

目指せ!光輝く大名行列

2017/06/29


日  時:5月27日
場  所:麹町小学校4階ホール
参加人数:小学生26人 大学生19人
企  画:日大子どもと一緒にデザインしよう会
企画協力:D&A Networks 中田弾 

内容
初めに、紙芝居を見ながら、大名行列とは何か、参勤交代の際には派手に見せることが必要だったことなどを教わりました。
それから、神経衰弱ゲームをしたりクイズに答えたりして、着物や兜・ちょんまげ・刀などのグッズや、きれいな色紙をゲットして、顔出しパネルの大名や女性や忍者らを飾り付ました。
5つの班が作ったパネルを一列に並べると、色とりどりに彩られた立派な大名行列が完成しました。
最後に、それぞれが、難問のクイズに正解してレアなグッズをゲットできたことや、折り紙で手裏剣を作ったことなど、がんばったことを発表しました。

ワークから
内容はゲームやクイズをしながら、顔出しパネルを装飾していくという単純なものでしたが、完成した大名行列は、想像以上の出来ばえで、派手できれいなものとなりました。
子ども達は、想像力を働かせて工作をすることが大好きなんだと、改めて感じました。
今年度も、子ども達が、わくわくするような企画を実施していきたいと思います。

まちづくりサポート企画 「私たちの麹町!劇的ビフォーアフター」最終発表会

2017/06/29


日  時:4月16日(日)
場  所:まちみらい千代田会議室
参加人数:小学生5人 大学生5人
企  画:D&A Networks 中田弾 

内容
昨年度、ちよだまちづくりサポートに、子ども達が初めて考えた企画として、ワークわくクラブから
「私たちの麹町!劇的ビフォーアフター」を提案し、一年間を通して活動した結果の最終発表会に参加してきました。昨年5月に、麹町のまちなかを探検し、麹町をもっと素敵にもっと楽しくするアイディアを出し合い、9月には、番町の庭でコージーランドとしてベンチの制作を実現し、活動を紹介する絵本もできました。子ども達は、3回目の発表会だったこともあり、審査員やたくさんの大人の聴衆の前で、恥ずかしがることもなくしっかりと発表しました。

ワークから
まちづくりの絵本は、5月に全校生徒の皆さんにお配りしました。
子ども達目線で考えるまちづくりの活動を今年度も継続していきたいと思っています。
ぜひ、皆さんのご参加をお待ちしています。

第3回バード企画 巣箱架けに出かけよう!

2017/03/27


日  時:3月15日(水)
場  所:憲政記念公園
人  数:小学生42人(麹町小25人・お茶の水小7人) 大学生31人
企  画:公益在団法人日本鳥類保護連盟 岡安 栄作氏
企画協力:共立女子大学社会福祉サークル、
D&A Networks 中田弾、D&A日大、日本大学子どもと一緒にデザインしよう会 

内容
2月に自分たちが作った巣箱を憲政記念公園に架けに行きました。
国会議員の鳥類保護議員懇話会の方々と一緒に巣箱を架ける取り組みで、今年は、山本環境大臣や、環境副大臣、この取り組みにずっと参加して司会もされている今村復興大臣など14人の国会議員の方が参加されました。
初めに、代表の5人が、昨年架けた巣箱の調査をした時の写真を見せながらで発表しました。
その後、子ども達は、巣箱を架けたい木を探して、巣箱を結びつけました。

ワークから
昨年は21個の巣箱を架けましたが、巣箱利用率は100パーセント、しかも1つの巣箱が2回使用された形跡もありました。今年もたくさんの鳥たちが入ってくれることを子ども達と共に願っています。

第2回バード企画 バードウォッチングに出かけよう!

2017/03/27


日  時:3月4日
場  所:北の丸公園
人  数:小学生53人(麹町小45人・お茶の水小8人) 大学生31人
講  師:公益在団法人日本鳥類保護連盟 岡安 栄作氏
企  画:共立女子大学社会福祉サークル
企画協力:D&A Networks 中田弾、D&A日大、日本大学子どもと一緒にデザインしよう会 

内容
都会のど真ん中に鳥がいるのか、北の丸公園に出かけました。
到着するとすぐに、空からカラスと白い大きなサギが出迎えてくれました。
子ども達は、鳥の痕跡を探しに出かけました。チェックポイントで鳥のクイズに答えると、リーダーのお姉さんたち手作りのきれいな鳥のカードがもらえというゲームをしながら、とても楽しそうに歩き回っていました。鳥の羽根、木の実、そして、鳥のウンチなど、確かに、この都会のど真ん中にも鳥がいるという証拠をたくさん見つけることが出来ました。
ワークから
「鳥は、歯も胃もないので、食べ物を“砂肝”でこすり合わせて消化します。」
「鳥の足は、つま先立ちで歩いています。」等々、岡安さんから、毎回新しいお話を聞くことができます。
岡安さんの知識の多さには、びっくりです。

第1回バード企画 巣箱づくりをしよう!

2017/03/27


日  時:2月18日
場  所:麹町小学校4階ホール
人  数:小学生53人(麹町小45人・お茶の水小8人) 大学生30人
講  師:公益在団法人日本鳥類保護連盟 岡安 栄作氏
企  画:子どもと一緒にデザインしよう会(日本大学) 
企画協力:D&A Networks 中田弾、D&A日大、共立女子大学社会福祉サークル

内容
年4回のバード企画が今年も始まりました。
今年は申し込み人数が、過去最高の53人になりました。
鳥が好きな自然に興味のある子ども達が増えているのでしょうか。
でも人気の秘密は、何と言っても岡安さんの軽妙な語りが魅力的だからです。
岡安さんのお話を聞いて、鳥のひなの命を守る為、隙間のない、しっかりした巣箱を作ろうと、みんな真剣に取り組みました。「キリで穴をあけるのが難しかった。」「釘を打つのは簡単だった。」「鳥がたくさん入ってほしい」など色々な感想が聞かれました。

ワークから
ワークわくでは、企画の最後に、頑張ったことなどをみんなの前で発表する機会がたくさんあります。
皆の前で発表するのが苦手な子もいるかもしれませんが、経験を通して、苦手でなくなってくれればいいなと思います。

けん玉道 2017

2017/03/27


日  時:1月21日
場  所:一番町児童館
参加人数:小学生32人 大学生10人
指  導:花野井 潤 名人(全日本けん玉道3位・けん玉道五段)
     池田 友規さん (麹町小元PTA会長・けん玉道初段)

内容
近年、けん玉は世界的にも人気です。
ワークわくで年1回の開催を続けているけん玉道も、年々参加者が増えています。
毎年、名人に来ていただいて、けん玉の技を間近で見ることが出来ます。
先ずは、名人の技を観賞。今年初めて来ていただいた花野井名人の妙技にみんな釘づけでした。
続いて、各自練習開始。けん玉を初めてやる子も、毎年挑戦している子もいますが、それぞれのレベルに合わせて、丁寧にコツを指導してもらいました。
最後は検定。10回の試技で3回成功すると次の級へ進めます。
全員で、検定を受ける時のドキドキの緊張感がたまりません。
昨年より級が落ちてしまう子もいれば、一気に3級位上がる子もいます。現状維持も多いのですが、また、次回に向けて練習しましょう。
子ども達の検定が終わってから、いつもは子ども達のために企画を考えて、みんなを楽しませてくれている大学生のお兄さんの一人が、段の検定を受けて、見事二段に合格しました! 段の検定は名人と1対1で行われます。周りで見ていた子ども達も息をのんで検定を見守りました。

ワークから
名人の花野井さんは、小学校2年生からけん玉を始められたそうです。
そして、「それから毎日、欠かさずけん玉の練習を続けています」とおっしゃっていました。
けん玉名人になるのも、やっぱり練習の継続なのですね!

紙ひこうきグランプリ

2016/12/22


日  時:11月26日
場  所:麹町小学校内
参加人数:小学生43人 大学生23人
企  画:リーダー企画研修 優秀賞受賞チーム
企画協力:D&A Networks 中田弾 

内容
植物のアルソミトラの種は、薄い羽根があり飛ぶことができます。
このアルソミトラの模型を使い、重さの必要性や重心の位置、羽の形や角度など飛行機を飛ばすのに必要な知識を様々な実験を通して学んでいきました。
その後、いよいよオリジナルの紙ひこうきの作成に取りかかりました。
クリップを付けたりバランスを変えたり試行錯誤を繰り返しながら、紙ひこうきが、より遠く、より長く飛ぶように考えました。

ワークから
ただ紙飛行機を作って飛ばすだけの企画ではありませんでした。
いろんな実験をしている時の子ども達は、みんないきいきしていました。
初めは少ししか飛ばなかった紙ひこうきを工夫していく面白さも経験でき、内容の充実した企画となりました。これから、高学年も参加したくなる企画も実施していきたいと思います。

まちづくりサポート 中間発表会

2016/12/22


日  時:11月19日
場  所:まちみらい千代田会議室
参加人数:小学生6人 大学生3人
企  画:D&A Networks 中田弾 

内容
「私たちの麹町をもっと素敵に、もっと楽しくするアイディア」を、9月4日、番町の庭でコージーランドとして実現した成果を、千代田まち作りサポートの中間発表会で発表してきました。
今回参加してくれたのは6人の子ども達でしたが、みんな堂々と発表し、審査員の方の質問にもしっかり答えていました。

ワークから
コージーランドで製作したベンチは、麹町小学校の昇降口や一番町児童館の図書室などに置いてありますが、番町の庭にあった3人掛けのベンチを麹町小学校に持ってきました。可愛い飾りも付いています。ちょっと座ってみてください。子ども達のアイディアが活かされ、麹町にほっと一息つける場所が増えるようにこれからも活動を続けていきたいと思います。

城を守れ!麹町護衛隊

2016/12/22


日  時:11月19日
場  所:麹町小学校内
参加人数:小学生66人 大学生36人
企  画:リーダー企画研修 優秀賞受賞チーム(子デザ4年生チーム)
企画協力:D&A Networks 中田弾 

内容
「江戸城の別名は?」・・・など、まずは歴史クイズから始まり、子ども達の城への関心を高めました。続いて、班毎に自分たちのお城に名前を付け、家紋を作り、絵を描いてオリジナルの屋根の完成です。
いよいよ決戦です。まずは段ボール箱を積み上げ城を作り屋根を乗せます。
攻撃側は新聞紙のボールで対戦相手の城を崩し、守り側は盾を持って攻撃から城を防御します。1分間の戦いで城の屋根や箱を崩した分だけポイント(万石)を取っていくゲームでした。
子どもも大学生も一丸となって、ゲームに熱中する姿が印象的でした。

ワークから
日本大学のサークル“子どもと一緒にデザインしよう会”の4年生がコンペで勝ち取った卒業企画。
4年間、ワークわくクラブで子ども達と向き合い関わってくれた4年生が、子ども達を楽しませようと真剣に準備し、団結して企画を成功させようと奮闘している姿に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
4年生、ありがとう! とっても盛り上がった、楽しい企画になりました。

麹町地域ぼうさい探検隊2016

2016/12/22


日  時:10月28・29日
場  所:麹町小学校校内 及び 麹町小・番町小・九段小・富士見小・お茶の水小学校周辺通学路
参加人数:小学生105人 大学生89人
企  画:D&A Networks 中田弾 
協  力:麹町小学校、番町小学校、九段小学校、富士見小学校、お茶の水小学校、一番町児童館、
千代田区、麹町消防署、麹町地域消防団、日本損害保険協会、地域活動大学生

内容
今年で10年目を迎えた麹町地域ぼうさい探検隊。今年はお茶の水小学校のお友だちも初参加しました。
各小学校に集まって、まずは自分の通学路を歩いて、災害が起きた時に危険な場所や支援してくれる場所、消火栓や貯水槽などを探検して歩きました。
全員が麹町小学校に集合して、麹町消防署のレスキュー隊のデモンストレーションや麹町地域消防団の放水実演を見学、AEDや初期消火の体験、麹町小備蓄倉庫の見学などを行いました。
食事は非常食、寝るのは体育館で毛布2枚と避難所さながらの体験もしました。
夕食後には、低学年は一番町児童館の先生が考えてくださったゲーム大会、高学年は今年初の試みで
斉藤副校長先生による無線体験を行いました。どちらも大変盛り上がりました。
2日目は、まち探検を基にぼうさいマップを作成、気づいた事や地震が起きたら何を持って避難するかなどについて発表をしました。
2日間を通して、内容盛りだくさんの充実したぼうさい探検を体験することができました。

ワークから
慣れない体育館での就寝。子ども達は初めなかなか寝ることができなくて、連れだって何度もトイレに出てきます。そんな子ども達を寝不足になりながら大学生リーダーが親代わりとして面倒を見てくれます。ぼうさい探検隊に参加してくれる大学生、そして消防署や消防団、地域のたくさんの方々が一丸となって支えて下さっていることに、10年目を迎え改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、これからも「続けていく」ことを大切にしていきたいと思います。



menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

付き添いなどお手伝いしてくださるスタッフは随時募集しています。
問い合わせ ワークわくクラブ
- Topics Board -