ワーク・わく・クラブ

ワーク・わく・クラブ


ワーク・わく・クラブは平成16年度(2004年) 5月、当時の角田校長からの依頼を受け、数人の保護者で立ち上げた土曜事業の応援チームです。
講座ごとに、募集をかけて行う、ワークショップの企画・実行をしています。
各分野の達人・大学生の企画による手作りのワークショップです。

皆様の参加お待ちしています。


30年度の予定です。皆さんの参加、お持ちしています。

平成30年度ワーク・わく・クラブ予定

1学期
5月 19日 お祭り
26日 お祭り
6月 9日 祭り当日
30日 学生企画
7月 7日 納涼ワーク
8月 20-21日 学生合宿
25日 納涼当日
2学期
9月 22日 バードチェック
10月 20-21日 ぼうさい(泊まり)
11月 3日 学生企画
17日 学生企画
12月 1日 児童館お祭り
15日 学生企画
3学期
1月 19日 けん玉
26日 異世代交流(児童館)
2月 2日 バード巣箱
23日 ウオティング
3月 13日 巣箱架け
1か月前にお知らせを出し、1週間前に詳細をだします。
又、予定なので、変更することもあります。
けん玉道場は、第3土曜日午後、児童館で行っています。詳細は児童館にお聞きください。

ワークわくクラブは、保護者主宰のクラブです。保険には入りますが責任は保護者各自でおとりください。ご心配な方はお付き添いください。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

ステンド

2019/01/06


日  時:12月15日(土)
場  所:麹町小学校図工室・理科室・3階ホール
参加人数:小学生68人、 大学生32人
企  画:夏休みワークショップコンペ優秀グループ
企画協力:D&A Networks中田弾、日本大学・共立女子大学
内容
小学校とワークわくクラブが展覧会・25周年お祝い飾りを、コラボしたワークショップでした。
大学生夏休みワークショップコンペと学校側がうまく合致し、校長先生のお口利きで実現したものでし
た。4階の光のトンネルをステンドで飾り付けるものでした。
学生たちもとても喜んで準備に準備を重ね、15日にこぎつけました。
当日はまずA3の紙にした下図を描いて、三角形のセロハンをのせて、コーティングしました。
大学生が、2時間かけて作ったものを。子どもたちは1時間で作ってしまいま、感性の素晴らしさにス
タッフもびっくりしました。
ワークから
初めての学校とのコラボ!みんな張り切りました。
学生も企画した学生とともに、夜遅くまで準備をしていました。お疲れ様でした。
見事な作品に、光のわに飾られた仕上がりを早く見たいです。

ヒーロー

2019/01/06


日  時:11月17日(土)
場  所:麹町小学校体育館
参加人数:小学生35人、 大学生26人
企  画:夏休みワークショップコンペ優秀グループ
企画協力:D&A Networks中田弾、日本大学・共立女子大学
内容
酸素マン・水素マンをヒーローに空気中の酸素・水素・二酸化炭素の問題を解いていくワークでした。
酸素・水素の三角帽子をかぶって化学式をつくったり、ヒーローを中心に話が展開していきました。
博士がテレビの画面上で実験をして、そのまま登場して来たり、二酸化炭素の説明でをするのに、CO2
鬼ごっこをしたり、盛りだくさんでした
ワークから
ヒーローマンをやった学生は、ヒーローになりきっていました。それが伝わって子ども達も真剣です。
時代時代で、学生の得意分野がでてきます。今年は、役者がそろっていました。
スタッフも思わず、引き込まれてしまいました。

皆でつなごうダンボール迷路

2019/01/06


日  時:11月3日(土)
場  所:4階ホール
参加人数:小学生50人、 大学生28人
企  画:夏休みワークショップコンペ優秀グループ
企画協力:D&A Networks中田弾、日本大学・共立女子大学
内容
一人一人が迷路を作り、それをまたつなげて大きい迷路にしてみんなで遊ぶという企画でした。
昔からある迷路、子ども達は工夫を凝らして面白いものを作っていました。
ワークから
子どもたちは。迷路が大好きです。
コンペの時も子どもが喜ぶということで、第1位に選ばれました。
迷路の材料は、段ボールにモールなど、安い材料費の中から上手に見つけてくれてました。

麹町地区ぼうさい探検隊

2019/01/06


日  時:10月20日(土)21日(日)
場  所:各学校周辺・麹町小学校
参加人数:小学生105人、 大学生90人
企  画:ワーク・わく・クラブ
企画協力:D&A Networks中田弾、日本大学・共立女子大学・法政大学・早稲田大学
内容
麹町小学校で行っている「千代田ぼうさい探検隊」は今年で12年目を迎えました。今年も麹町小
学校・九段小学校・番町小学校・富士見小学校・お茶の水小学校の5校のお友だちが一緒に活動し
ました。1日目は通学路を歩いて危険個所をチェック、備蓄倉庫見学やレスキュー隊の実演・消防
団の実演を見学、重い水が通っているホースも触りました。AEDを教えてもらったり。消火器の使
い方を習い、消防服の重さも体験しました。夕飯は非常食に、神田お蕎麦組合の方のすいとんをい
ただきました。その後、児童館主催のお遊びタイム、9時になり麹町小学校の体育館に泊まりまし
た。
体育館に皆毛布を2枚もって寝場所を作りました。体育館に200人が寝泊まりしました。
朝は6時起床、ラジオ体操朝食づくり、防災ゲームなどをした後朝食を食べました。
8時になりぼうさいマップをつくりはじめました。その後、各グループで発表、審査会を経て解散

2日間みんなでぼうさいを考えるイベントでした。
ワークから
一泊泊まりのワークわく、一番の苦労は消灯時間です。
少し早いのですが、9時には寝床を作り寝る体制に入るのですが、消灯した直後は一瞬静かになります

学生リーダーたちは、反省会のために子どもから一瞬離れます。
ワークスタッフが体育館の入り口で身守っているのですが、ひっきりなしにトイレ、みんながうるさい
と言って告げ口にくる子など体育館のドアは開きっぱなし。何しろにぎやかな寝入りばなです。
やはり、ホームシックになる子もいるのですが、「お家に電話してお迎えに来てもらう?」というと誰
も帰りません。不思議です。やはり楽しいのでしょうね???

バードシリーズ第4回 巣箱チェック

2018/09/30


日  時:9月22日(土)
場  所:憲政公園
参加人数:小学生39人、 大学生22人
企  画:共立女子大学社会福祉サークル
企画協力:D&A Networks中田弾、日本大学子どもと一緒にデザインしよう会、

内容
4回目。巣箱チェックです。今年は暑かったのでどうかな?と思いきやしっかり全部の巣箱に卵を産ん
だ形跡がありました。
いつも開けたとたんに出てくるゴキブリは、今年はすくなかったような・・・相変わらず、ヤモリさん
はしっかり住んでいました。
鳥たちが巣を作るために集めてきたものをチェック、都会ならではの鳥たちの収集癖を楽しみました。
ワークから
4回通して行うバードシリーズ、最近はリピーターが増えてきました。
小学校の周りにはたくさん鳥たちがいます。何人ぐらい鳥博士が育つでしょうか?楽しみです!
今年は、共立の櫻井さんが一回目からトップになって企画やら、とりまとめをやってくれました。
とっても楽しいバードシリーズになりました。櫻井さんありがとうございました。
講師の岡安さんからもお褒めの言葉をいただき、学生リーダーの成長にワークスタッフも感無量でした

夏休みイベント(花火大会)

2018/09/30


日  時:8月30日(木曜日)
場  所:番町の庭
参加人数:地域のみなさま多数
企画協力:D&A Networks中田弾、日大、共立の学生多数

内容
花火大会は、びっくりするぐらいの来場者が来られ,てんてこまいでした。
最後は、都会でできるぎりぎりの大きな花火を楽しみました。
ワークから
今年から、花火大会の協力をすることになりました。
都会ではできない、家庭ではできないイベント、来年に続けられそうです。

夏休みイベント(納涼子ども祭り)

2018/09/30


日  時:8月25日(土)
場  所:校内
参加人数:地域のみなさま多数
企画協力:D&A Networks中田弾、日大、共立の学生多数

内容
納涼子ども祭りは、自分たちの企画したゲームを大学生がアレンジ。素晴らしいゲーム会場ができ。た
くさんの方たちがゲームを楽しんでくれました。
最初のお客様は、区長でした。楽しんでいただきました。
コンペに参加したお友達もたくさん手伝いに来てくれて、お互いにエンジョイしました。

夏休みワーク・わく・クラブ協賛イベントお知らせ

2018/08/05


8月25日(土) 小学校グラウンドの納涼子ども祭りに子どもたちが考えたゲームを出店します。
        15時から18時まで
8月31日(金) 「番町の庭」で花火大会が行われます。
        18時から20時まで

ぜひ遊びに来てください。

8/25麹町納涼子ども会 出店ゲームコンペ

2018/07/22


日 時:7月7日(土)
場 所:図工室
参加人数:小学生25人、大学生26人
企 画:ワーク・わく・クラブ
企画協力:D&A Networks中田弾、共立女子大学社会福祉サークル、日本大学子どもと一緒にデザイ
ンしよう会、
内容
8班縦割りで、グループを組みました。
納涼こども会に出店するゲームを班毎に考えました。風船を割って、おみくじを当てる。動物の大冒険
。人形見っけ。幸運のはてなボックス。パッチンベースボールなどなどたくさんアイデアが出ました。
又、何回投げるとか、景品はこんなのなど、細かいルールまで出し合っていました。
副校長先生、納涼こども会の実行委員の方、各大学の部長2名、ワークスタッフ2名で審査をした結果、
エントリーの中から、他の班の作品とのコラボも入れて2つが選ばれました。
ワークから
毎回、縦割りでグループを組むのですが、年長学年の子が下の子どもをうまくリードしている姿が見受
けられます。日頃の学校での成果が見られて,微笑ましいです。

麹町ナワバリバトル

2018/07/22


日 時:6月30日(土)
場 所:校内
参加人数:小学生62人、大学生31人
企 画:共立女子大学社会福祉サークル
企画協力:D&A Networks中田弾、日本大学子どもと一緒にデザインしよう会、
内容
グループごとに校内を歩き各フロアーに用意されたミッションをクリアし、大きく印刷された図面上で
クリアした場所をクレヨンで塗りつぶすというワークでした。
本部は、4階ホールだったため何回も何回も階段を下りたり上ったり、リーダー学生たちもフーフー言
っていました。
ミッションのクイズは、いろいろありましたが、一番面白かったのは校長先生の名前は言えるのですが
、副校長先生のお名前を知らない子どもがいたのには、驚きました。
ワークから
子ども達は動き回ることが大好きです。暑い日でしたが、汗をかきながら水を飲み飲み頑張っていまし
た。今回のトップリーダー、司会進行は共立の2年生でした。終わったときにいつも行う反省会で、感
極まって泣いていました。学生達は、いつも真剣に子ども達と向き合ってくれていると思いました。



menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

付き添いなどお手伝いしてくださるスタッフは随時募集しています。
問い合わせ ワークわくクラブ
- Topics Board -