ワーク・わく・クラブ

ワーク・わく・クラブ


ワーク・わく・クラブは平成16年度(2004年) 5月、当時の角田校長からの依頼を受け、数人の保護者で立ち上げた土曜事業の応援チームです。
講座ごとに、募集をかけて行う、ワークショップの企画・実行をしています。
各分野の達人・大学生の企画による手作りのワークショップです。

皆様の参加お待ちしています。


30年度の予定です。皆さんの参加、お持ちしています。

平成30年度ワーク・わく・クラブ予定

1学期
5月 19日 お祭り
26日 お祭り
6月 9日 祭り当日
30日 学生企画
7月 7日 納涼ワーク
8月 20-21日 学生合宿
25日 納涼当日
2学期
9月 22日 バードチェック
10月 20-21日 ぼうさい(泊まり)
11月 3日 学生企画
17日 学生企画
12月 1日 児童館お祭り
15日 学生企画
3学期
1月 19日 けん玉
26日 異世代交流(児童館)
2月 2日 バード巣箱
23日 ウオティング
3月 13日 巣箱架け
1か月前にお知らせを出し、1週間前に詳細をだします。
又、予定なので、変更することもあります。
けん玉道場は、第3土曜日午後、児童館で行っています。詳細は児童館にお聞きください。

ワークわくクラブは、保護者主宰のクラブです。保険には入りますが責任は保護者各自でおとりください。ご心配な方はお付き添いください。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

ペットボトルキラキラ神輿をつくろう

2018/06/05


日 時:5月19日(土)・26日(土)
場 所:一番町児童館
参加人数:小学生35人、槇野さん+4名 大学生13人
企 画:秋葉原高架下の電子工作スペースASSEMBLAGE 槇野さん
企画協力:D&A Networks中田弾、共立女子大学社会福祉サークル、日本大学子どもと一緒にデザイ
ンしよう会、
内容
今回のワークは、電子工作です。はんだ付けやプログラミングを教えてもらいました。
2年生でも、しっかりデーターを入れられ、LEDの電気が5色に点いたり消えたり,できなくて困っ
た子どもはいませんでした。学生のヘルプもいつもながら見事でした。
小学生からもプログラミングできるんですね!
2班に分かれて、電飾の下づくりのはんだ付けと、ペットボトルで土台ができているお神輿の飾りつけ
をしました。
2日目は、5色の色を光らせるプログラミングです。
一人一人にコンピューターを渡され、みな真剣に取り組んでいました。
みんなで担ぐ当日が楽しみです。
当日まで、区民館の階段上に飾ってくださってます。
ワークから
学校のカリキュラムにプログラミングが組み込まれるようですが、大丈夫です。
子ども達の反応はすばらしい!現代に生きる子どもたちです。
お神輿で町内を回って壊れないように祈ってます。
終わった後は、しばらくは小学校のどこかに置いてくださいます。
チャンスがあれば、見てください。

バードシリーズ第3回 巣箱架け

2018/03/29


日  時:3月14日
場  所:麹町小学校
参加人数:小学生70人(麹町小・お茶の水小) 大学生21人
講  師:(公財)日本鳥類保護連盟 岡安栄作氏
企  画: 共立女子大学社会福祉サークル
協  力:D&A Networks・ 日大子どもといっしょにデザインしよう会
内容
憲政公園で行われる、環境省主催の巣箱架けに参加しました。
彼岸桜が満開。とても暖かい日で、公園の中でスズメやメジロが泣いていて、すぐさま巣箱を使いたそうでした。
大臣クラスの、国会議員が多数参加していましたが、子ども達は無関心。子どもたちの前では、議員さんたちは、おじさん、おばさんです(笑)
簡単なセレモニーを終えて、憲政公園の中の木々に巣箱を議員さんたちと架けました。
9月の巣箱チェックが楽しみです。
ワークから
小学校から憲政公園までは歩いていきます。国会議事堂の前の公園です。麹町小学校はほんとに都会の政治の中心に位置しているなとつくづく感じます。

バードシリーズ第2回 バードウォッチングに出かけよう!

2018/03/29


日  時:3月3日
場  所:北の丸公園
参加人数:小学生70人 大学生25人
講  師:(公財)日本鳥類保護連盟 岡安栄作氏
企  画:共立女子大学社会福祉サークル
協  力:D&A Networks・中田弾・日本大学子どもといっしょにデザインしよう会
内容
バードシリーズ第2弾は、私たちが住んでいる町にどんな鳥がいるのか北の丸公園へバードウォッチングに出かけます。今回鳥の事なら何でも、公園中を回っている岡安さんを見つけてグループ毎に質問し、回答をもらうという作戦。
この鳴き声は何ですか?この羽は?
最後に、グループごとの発表をみんなで聞いてシールをもらい、絵本を仕上げます。

ワークから
岡安さんの解説を聞くと、毎回知らないことが出てきて、楽しいです。
今回大学生は、絵本にするというアイディアを考えました。シールも使います。子ども達が飽きないように、毎回工夫を凝らしてくれます。

第1回バード企画 巣箱づくりをしよう!

2018/03/29


日  時:2月17日
場  所:麹町小学校4階ホール
人  数:麹町小52人 大学生30人
講  師:公益在団法人日本鳥類保護連盟 岡安 栄作氏
企  画: 共立女子大学社会福祉サークル
企画協力:D&A Networks 中田弾、D&A日大、子どもといっしょにデザインしよう会

内容
年4回のバード企画が今年も始まりました。
今年も申し込み人数が、52人。お茶の水小学校も入れると70人にもなりましたが、残念ながらお茶の水は、公開授業と重なり、今回は来られませんでした。
鳥好きな子ども達が増えているのでしょうか?岡安さんの魅力?に。リピーターも増えています。
今年は,大学生が岡安さんの助手になり話を進めることになりました。
岡安さんは、今年は岡安教授です。
白衣を着ていつもの軽妙な話に子ども達はくぎ付け!
巣箱つくりは、キリで穴をあけたり、釘を打ったり、鳥にたくさん入ってもらうために、みんな真剣に組み立てを取り組んでいました。
ワークから

今年の企画は、共立の櫻井さんという学生が考えた企画で進めます。
鳥好きな桜井さんにスタッフは、興味津々です。
がんばってくださ〜い。(^^♪

けん玉道 2018

2018/03/29


日  時:1月27日
場  所:一番町児童館 体育室
参加人数:33人(小学生22人 保護者3人 大学生8人)
講  師:池田 友規さん (麹町小元PTA会長・けん玉道初段)

内容
今回は、名人がご自身のけん玉大会と重なってしまい、来られませんでした。
しかし、床に玉を転がしながら、剣に入れたり、池田さんが楽しい、けん玉遊びを教えてくださって、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
ワークから
毎回、検定試験をします。大学生もけん玉ワークの時はボランティアではなく、参加者でやってきます。

勝ち取れNo.1! 科学運動会

2018/01/15



日  時:12月16日
場  所:麹町小学校 体育館
参加人数:小学生47人 大学生27人
企  画:リーダー企画研修 優秀賞受賞チーム
企画協力:D&A Networks 中田弾、地域活動大学生リーダー

内容
2017年最後の企画は、科学?運動会でした。
第1回戦は、2冊の雑誌のページを交互に重ね合わせると、全く離れなくなることを使った綱引き。
班の全員で力を合わせて引き合いました。
第2回戦は、てこの原理を使った紙ボール飛ばし。2Lのペットボトルをおもりに付けて、てこの原理で、いかに遠くまで球を飛ばすかを競いました。
第3回戦は、空気砲サバイバル。段ボールにビニール袋を付けた空気砲で、台の上に置いた相手チームの風船を打ち落とすというものでした。風船が落ちないように、うちわなどを使って空気砲の威力を防ぐ守りも重要です。班のみんなで作戦を立てて協力しながら戦いました。
子ども達は、笑顔いっぱいで体育館を所せましと動き回っていました。

ワークから
始まる前、科学が付いていないただの“運動会”でいいのにといった子どもがいたそうです。でも、競技をやっていくうちに、「こうやったらどうだろう」と科学の仕組みを理解してうまくやる方法を考えながらやるようになっていったそうです。まさにワークわくクラブが目指すところ!ワークわくで体験したことを、子ども達が自ら考え発展させていくことに繋がればいいなと思いました。

お掃除戦隊!麹町クリーニングヒーロー

2018/01/15



日  時:11月17日
場  所:図工室・理科室・調理実習室
参加人数:小学生20人
講  師:リーダー企画研修・優秀賞受賞チーム
企画協力:D&A Networks、共立女子大学社会福祉サークル

内容
身の回りにあるゴミでお部屋をきれいにするという企画でした。
まず、ゲームでグループごとに掃除グッズをゲットして、それぞれの部屋をきれいに、楽しみながら掃除について学びました。
柑橘類を使ったり、一切科学薬品を使わずに掃除をしました。

ワークから
ワークスタッフもあまりにきれいになるので、一緒になってお手伝いしました。
今回は、申し込みが少なったのですが、もっとたくさんの人でやれば、もっともっときれいになったでしょうね!

いろいろな時間を体験しよう!

2018/01/15



日  時:10月28日
場  所:麹町小学校 4階ホール・理科室
参加人数:小学生83人 大学生36人
企  画:リーダー企画研修 優秀賞受賞チーム
企画協力:D&A Networks 中田弾、地域活動大学生リーダー

内容
今回は、砂時計を自分で作ってみようという企画でした。
初めに、時間に関するゲームをやって、楽しみながら時間について考えました。
いよいよ砂時計作りの始まり。まずは、砂時計の台紙に思い思いの絵を描きました。砂が落ちるにつれて、だんだん絵が見えてくる仕掛けです。絵が描き終わったら、計量器を使って、ちょうど1分になるように砂を73g量って台紙に入れました。そのあとは、表のボードを貼り合わせて完成です。
最後に、班の代表の子ども達が、感想を発表しました。

ワークから
今回は、ぼうさい探検隊の企画を除いて、過去最高83人の参加者がありました。
子ども達が参加した理由は、「砂時計をどうやって作るか興味があったから」と言っていました。
構造としては簡単に作れるものでしたが、オリジナルの砂時計作りを子ども達は楽しんでくれました。
子ども達の興味が湧く企画をこれからもやっていきたいと思います。

千代田ぼうさい探検隊2017

2018/01/15



日  時:10月7・8日(土・日)
場  所:麹町小学校校庭・体育館・4階ホール 及び 参加小学校周辺通学路
参加人数:小学生81人(麹町小44人・番町小9人・九段小13人・富士見小13人・お茶の水小1人・一番町児童館1人)、大学生66人
企  画:ワークわくクラブ、D&A Networks中田弾
企画協力:各小学校、千代田区防災課、麹町消防署、麹町消防団、一番町児童館、日本損害保険協会、
地域活動大学生リーダー

内容
麹町小学校の体育館に泊まって避難所体験を行うぼうさい探検隊を実施しました。
1日目は、各参加小学校から自宅までの通学路を歩いて、災害が起きた時に危険な所はないか、自動販売機や公衆電話、貯水槽や送水口、AEDなどを見つけながら、まちなか探検をしました。全員が麹町小学校に集まってからは、消防団の放水訓練や消防署レスキュー隊の屋上からの降下実演の見学、消火器体験、防火衣着用体験、AED体験や備蓄倉庫の見学と盛りだくさんの経験をしました。
夕食は、今回初めて、東京都麺類協同組合のお蕎麦屋さんの方々が避難所の炊き出し訓練を兼ねて、すいとんを作ってくださいました。おだしのきいたすいとんは、とても美味しかったです。
 夕食後は、低学年は児童館の先生方が考えてくださったゲームで、高学年は齋藤副校長先生と無線を使ったゲームで盛り上がりました。
 夜は、体育館で、一人毛布2枚をもらい床に就きました。固い床で寝ることはできたでしょうか?
 
2日目は、まちなか探検で見つけたことを、班ごとにぼうさいマップにまとめました。
まちなか探検やぼうさい体験での感想、もしも地震が起きたら家から1つだけ何を持ってきますか?という宿題などを全員の前で発表し合いました。

ワークから
毎年、たくさんの子ども達が参加してくれるぼうさい探検隊。そこには、レスキューをはじめ、多くの大人の方々が子ども達の体験のために真剣に関わってくださいます。「消防士さんの防火服はとても重かったよ。」そんな1つの貴重な経験が、子ども達の大きな財産になることを願っています。

第4回バード企画「巣箱の中身を調査しよう!」

2018/01/15


日  時:9月23日
場  所:憲政記念公園
参加人数:小学生41人(麹町小35人・お茶の水小6人)、大学生31人
講  師:公財)日本鳥類保護連盟 岡安さん
企  画:日本大学子どもと一緒にデザインしよう会
企画協力:D&A Networks、共立女子大学社会福祉サークル

内容
自分で組み立てた巣箱を3月に架けに来てから半年。巣箱の中がどうなっているのかを調査しに行ってきました。巣箱の中には、芝生や草がぎっしりと詰まっていて、30個のどの巣箱にも巣作りをした跡が残っていました。巣作りの材料には、都会ならではのビニールも混ざっています。そして鳥の羽根も入っていました。そこから、この辺りにどんな鳥が生息しているかがわかります。中には、ヒナになれなかった卵の残骸も。そして、おとなになって帰ってくる鳥はほん僅かだそうです。楽しい岡安さんのお話から、自然の厳しさも知ることができました。
 大学生が考えてくれた、文字の中から鳥の名前を探すゲームもあり、楽しみながら鳥のことを考える時間になりました。

ワークから
巣箱の中からは、今年も、ヤモリやたくさんのゴキブリも出てきました。自然の中にいるゴキブリにはだんだん何も感じなくなってきました。慣れるって大事?



menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

付き添いなどお手伝いしてくださるスタッフは随時募集しています。
問い合わせ ワークわくクラブ
- Topics Board -